もうすでに、お申し込みを決めている方は、
下のボタンをクリックしてください。

本商品の詳細を知りたい方は、以下をお読み下さい。


まずは、本配信の記録をご覧ください。
2014年2月・3月・4月の、3ヵ月間の記録です。

通貨ペアは
「GBPJPY(ポンド円)」と
「USDJPY(米ドル円)」です。

「entry」はエントリー方向を表しています。
エントリー方向は「buy(買いエントリー)」
「sell(売りエントリー)」「none(見送り)」
で表記されています。

entry date GBPJPY USDJPY sum(pips)
entry pips entry pips
2014.02.03 22:00 buy −100 buy −50 −150
2014.02.04 22:00
sell +57 buy +50 +36
2014.02.05 22:00 buy +100 buy +50 +150
2014.02.06 22:00
buy +100 buy +50 +150
2014.02.10 22:00 buy +67 none +67
2014.02.11 22:00
sell −38 sell +15 −23
2014.02.12 22:00 sell −100 buy −35 −135
2014.02.13 22:00
sell −37 buy −18 −55
2014.02.17 22:00 buy +100 none
+100
2014.02.18 22:00
buy −100 none −100
2014.02.19 22:00 buy +100 buy +50 +150
2014.02.20 22:00
buy +100 none +100
2014.02.24 22:00 sell −30 sell +11 −19
2014.02.25 22:00
buy +8 buy +7 +15
2014.02.26 22:00 sell +100 sell +50 +150
2014.02.27 22:00
buy +100 buy +4 +104
2014.03.03 22:00 buy +45 buy +50 +95
2014.03.04 22:00
sell −89 sell −50 −139
2014.03.05 22:00 sell −52 sell −25 −77
2014.03.06 22:00
none sell −21 −21
2014.03.10 22:00 buy −38 sell ±0 −38
2014.03.11 22:00
sell +100 sell +50 +150
2014.03.12 22:00 buy +81 buy +10 +91
2014.03.13 22:00
sell +100 buy −50 +50
2014.03.17 22:00 none
none ±0
2014.03.18 22:00
buy +75 buy +2 +77
2014.03.19 22:00 sell −19 none −19
2014.03.20 22:00
buy −7
sell +11 +4
2014.03.24 22:00 sell +13 none +13
2014.03.25 22:00
sell −24 sell +3 −21
2014.03.26 22:00 sell −81 sell +50 −31
2014.03.27 22:00
sell −14 sell −6 −20
2014.03.31 22:00 sell +3 sell −3 ±0
2014.04.01 22:00
buy +100 buy +50 +150
2014.04.02 22:00 buy +5 none +5
2014.04.03 22:00
buy −31 none −31
2014.04.07 22:00 sell +13 none +13
2014.04.08 22:00
none sell +50 +50
2014.04.09 22:00 sell +52 none +52
2014.04.10 22:00
sell +100 none +100
2014.04.14 22:00 sell −18 sell −2 −20
2014.04.15 22:00
sell −100 none −100
2014.04.16 22:00 sell +4 sell +5 +9
2014.04.17 22:00
sell −17 sell −22 −39
2014.04.21 22:00 sell −15 sell +3 −12
2014.04.22 22:00
sell +65 none +65
2014.04.23 22:00 buy +12 buy +10 +22
2014.04.24 22:00
sell +44 sell +50 +94
2014.04.28 22:00 sell −44 none −44
2014.04.29 22:00
sell +43 sell +21 +64
2014.04.30 22:00 none buy −1 −1


2014年2月・3月・4月の 3ヵ月間の結果のまとめ
GBPJPY USDJPY SUM
プロフィットファクター 1.78 2.30 2.01
獲得 pips 数 +733 pips +369 pips +1,102 pips
最大ドローダウン −175 pips −96 pips −275 pips


なお、本配信の2014年5月以降の記録については、
あゆみインベストメント公式ブログ をご参照ください。
トレードのある日は毎日更新しています。

ご覧のように「勝ちの日」も「負けの日」
もございますが、記録につきましては、
正直に一般公開しております。

公開している記録につきましては、
ライオンFXの口座を利用して
記録の確認を行っております。
本来であればリアル口座で
検証すべきなのですが、
金融商品取引法の取り決めにより、
デモ口座での検証となっております。
ご了承ください。

なお、公式ブログでは、わかりやすくするために、
ピップスの小数第一位を四捨五入して
整数の値で表記しております。

なお、ストップ決済にかかった時のすべり
(スリッページ)については、
省略させていただいております。





こんにちは。
FX定時配信サービスのあゆみインベストメント事務局です。
このたびは「ナイトテンFX」のサイトをご覧いただき、
誠にありがとうございます。

弊社は本商品を販売するにあたり、
関東財務局にて投資助言業の登録を受けております。
登録番号は、
投資助言・代理業 北海道財務局長(金商)第40号です。

弊社について知りたい方は、
以下にアクセスしていただけると情報を得ることができます。
あゆみインベストメント公式ホームページ
 



本配信「ナイトテンFX」の基本ロジックは
カウンタートレンド(逆張り)です。

多くのトレーダーが活用する「日足」「時間足」を
ご覧になるとわかるように、
為替相場の動きは、年にもよりますが、
年間ベースで見ると、約7割が、
同じところを行ったり来たりのレンジ相場です。
そして残りの約3割が、
明らかに方向性のあるトレンド相場となっています。

本配信のロジックは、
相場の約7割を占めるレンジ相場を狙った
カウンタートレンド手法となります。

従いまして、要人発言前や自然災害後などの
ファンダメンタルによる大きな相場の動きが
予測される場合は見送りになることもございます。
その点はあらかじめご了承いただければと思います。

本配信のロジックの概要について
述べましたが、いろいろな言葉を並べたところで、
結局のところ、FXはフォワードの結果がすべての世界です。
今後の結果にご注目いただければ幸いです。
本商品、FX定時配信サービス「ナイトテンFX」は、
初月無料でお試しいただけます。

弊社がお勧めする方法としては、初月無料期間は、
デモ口座で取り組んでいただきたいと考えております。

このようにすれば、あなたはノーリスクで
配信に取り組むことができます。

ただしデモ口座といえども、
所要時間は1日5分程度ですので、
ぜひとも真剣にきちんと取り組んでいただきたいと思います。

そして無料お試し期間の間に「ナイトテンFX」の
簡便さとパワーを体感していただいた上で、
次の月からはリアル口座でチャレンジしていく
というのがよい方法だと思います。

もしあなたが、定時エントリーロジックを
体感したことがないのであれば、
ぜひ、この機会に体感していただきたいと思います。

初月無料ですので、お気軽にお申し込みください。
あなたの無料申込みをお待ちしております。



本配信「ナイトテンFX」は、弊社独自に開発した、
夜の時間帯にポジションを保有する
「FX定時エントリーロジック」を採用しています。

ここでは、弊社が考える
「FX定時エントリーロジック」のメリットについて
ご紹介させていただきます。


夜22時頃に送られてくるメールを見てエントリー。
翌日の夜21時になっても
ポジションが残っていれば強制決済。

たったこれだけのルーティーンワークですので、
所要時間は1日5分程度です。

もちろんエントリーをした後は、
チャートを見続ける必要はありません。

このように、あなたの貴重な時間を消耗しないため、
日中のお仕事にきちんと専念することができます。



エントリー後は、チャートを見続ける必要は一切ありません。
そのため、相場のちょっとした動きに
一喜一憂する必要がなくなります。

あなたも経験があるかと思いますが、
ポジションを持った後、レートが変動するたびに
心臓をバクバクさせながらチャートを見続ける…

トレード生理学の研究によれば、そのような時の心拍数は
毎分200回を超えることがあるそうです。
体を動かしていないにかかわらず、
ほとんど最大心拍数に近い状態になるそうです。

そして専門家によれば、
チャートを長時間見続けるトレーダーほど、
統計的に寿命が短くなる確率が高いということです。

あなたは命を削るために
トレードしているわけではないと思います。
あくまでも人生を充実させ、そして楽しむために
相場に参加していることと思います。

本配信であれば、エントリー後はチャートを
見続ける必要が一切ないため、
精神を消耗することがほとんどありません

そのため日中のお仕事に、
心身ともに健康な状態で臨むことができます。



「プロスペクト理論」という言葉をご存じでしょうか?
簡単に述べると次のような意味になります。

利益が出ているポジションを保有している時は
「損失に変わってしまう前に利益を確定してしまおう」
というように、早めに決済しようとする。

逆に損失状態のポジションを保有している時は
「いつか戻るだろう」といった形で、
できるだけ決済を先延ばししようとする。

このような心理的な働きをまとめた理論のことを
「プロスペクト理論」といいます。

ご存じのように、FXのエントリー方向は
「買い」と「売り」の2つだけです。

しかしスプレッドといって、エントリーをした瞬間に
少し負けた状態からスタートするので、確率論でいうと、
ランダムにエントリーをした場合の勝つ確率は約47%、
負ける確率は約53%ということになります。

しかし実際の相場参加者を見てみると、
勝ち越しているトレーダーの割合は約10%、
負け越しているトレーダーの割合は約90%
という実態があります。

これはなぜかというと、先に述べた
「プロスペクト理論」のためなのです。

この「プロスペクト理論」に基づく恐怖心
多くのトレーダーを負けトレーダーにしているのです。

本配信であれば、エントリー後は
チャートを見続ける必要が一切ないため、
プロスペクト理論の罠にかかる心配は、全くありません。

そのため多くのトレーダーが
恐怖心を抱えながらポジションを保有し、
常にプロスペクト理論の罠にかかるリスクを
伴ってトレードをしているのに対して、
本配信の定時エントリーロジックであれば、
恐怖心を持たずに、機械的に相場に臨むことができます

このこと、すなわち「恐怖心を排除したトレード戦略」は、
今まで負け越していたあなたの勝率を上げることに寄与できる
と私は考えています。



本配信は、所要時間1日5分で
チャートを見続ける必要が一切ないため、
精神と時間を消耗する心配がありません。

多くのトレーダーは、FXのために1日数時間以上
費やしている方も多いと思います。

そうなると日中仕事をしている兼業トレーダーの方は、
余暇のほとんどをFXトレードに費やす形になります。

中には睡眠時間を削って、健康を害しながら
トレードに取り組んでいる方もいることでしょう。

しかし精神的に余裕がなかったり、
健康を害した状態でトレードに臨むと、
勝つ確率は本当に低くなります。

私も体験的に、このことは実感しております。

すなわち、その人の心身のエネルギーレベルが
低い状態でトレードに臨んでしまうと、
精神的に不安定になり、恐怖心がすぐにわき起こって
「プロスペクト理論」の罠にかかってしまいやすくなる。
このように私は分析しています。

このサイトをご覧になっているということは、
あなたはFXトレードに強い興味と関心が
あることと思います。
そして勝つための方法を
一生懸命探していることと思います。

しかしあなたは
「パソコン画面を長時間見続けるために
生まれてきたのではない」と私は確信しています。

私の願いとしましては、
FXトレードが大好きな方であっても、
トレードのために長時間チャートを見続けるのではなく、
もっと愛する人との時間、例えば

「恋人と一緒に過ごす時間」
「妻と一緒に過ごす時間」
「夫と一緒に過ごす時間」
「子どもと一緒に遊ぶ時間」
「子どもに勉強を教えてあげる時間」
「大切な友人と語り合う時間」


を大切にしていただきたいと考えています。

あるいは、現代人の9割の方は
ほとんど運動をしないと言われているので、
ジョギングをしたりジムに通ったりする等、
健康状態を向上させるための時間を
大切にしていただきたい
と考えています。

本配信であれば、ほぼ毎日FXトレードを
行っているにもかかわらず、
「愛する人との時間」や、
「健康状態を向上させる活動」に
時間を向けることができます。


すなわち本配信であれば、FXトレードと日常の生活を
高いレベルで両立させることができると私は考えています。



FXトレードに取り組んでいる方の
健康リスクとして最も大きなものは、
やはり「視力低下」のリスクです。

多くのトレーダーの方は
長時間パソコンのモニターを凝視し続けているので、
極度の近視になる方が多いという実態があります。

当たり前のことですが、目はとても大切な器官です。
極度の近視になると、若いうちはコンタクトレンズや
めがねを使って矯正することができますが、
年を重ねていくうちに矯正でも対応しきれなくなり、
ぼやけた状態でしかこの世の中を
見ることができなくなってしまいます。

外界の情報の8〜9割は
視覚から得ているといわれています。
そのため視力の低下は
あなたの人生の質を著しく下げてしまいます。

将来的にも、あなた自身の目で「美しい景色」を見たり、
「子どもの成長する姿」を見たり、
「将来生まれるであろうお孫さんの姿」を
しっかりと見ることができるように、
目は本当に大切にしていただきたいと思います。

本配信であれば、
長時間モニターを見続ける必要がないため、
視力低下のリスクを避けることができます。




「FXの配信サービスでは、
他力本願のトレードになるので、
トレードの技術を向上させることはできない。」
これは一般的にいわれることです。

しかし弊社では、そうは考えていません。

配信のメールが送られてくる時に、
該当する通貨ペアのチャートを立ち上げて、
ごく一般的なテクニカル指標を表示させてみます。
具体的には
1時間足の「ロウソク足」、
トレンド系の指標である
「移動平均線またはボリンジャーバンド」、
オシオレーター系の指標である
「RSIやMACD」等を表示させてみます。

そして配信のエントリー方向とテクニカル指標の
関係性について探ってみるのです。

これを日々繰り返していると、
その関係性が少しずつ見えてきます。
そこであなた自身で
「テクニカル指標がこうなってこうなったら
こっち方向でエントリーではないか」
というように仮説を立ててみるのです。
そしてこの仮説に基づいて
バックテストを行ってみるのです。

「そんな面倒なことをしないで、
ロジックをはじめから教えてくれればいいじゃないか」
という方もいらっしゃるかもしれません。

しかしはじめから一方的に教えられたらロジックは、
その人自身のロジックにはならないのです。

自分で仮説と検証を繰り返して構築したロジック、
すなわち自ら汗をかいて構築したロジックのみが
自分自身のロジックとなるのです。

人から一方的に教えられたロジックは、
ロジック自体に思い入れがないため、
ドローダウンの時期が訪れると
すぐに破棄されてしまいます。

そのため相場を定点観測できないまま、
そしてトレードの約束事が定まらないまま
相場に臨むことになるので、
トレード技術を向上させることはできないと
私は思うのです。

自分で仮説と検証を繰り返して構築したロジックは、
過去の検証に基づく自信が伴っているので、
例えドローダウンの時期が訪れても、
ロジックを守り続けてトレードを継続することができます。
そのため相場を定点観測し続けながら
ポジションを取ることができるようになるので、
トレード技術が向上しやすいと私は考えています。

実は私も2009年に、他の会社の
定時配信サービスを受けていました。

当時、その配信サービスはとても調子が良く、
日々私はチャートを立ち上げて、
その配信のエントリー方向と
テクニカル指標との関係性について模索していました。

そして仮説を立てては、
そのロジックをひたすらプログラミング、
すなわちEA化して、メタトレーダーで
日々バックテストを行っていました。

当時作成したロジックプログラムは
数十種類になると思います。

その時に構築したロジックが、現在の弊社の
定時エントリーロジックの原点となっております。

ただ配信を受けているだけでは、
トレード技術を向上させることはできません。

しかしチャートを立ち上げて
テクニカル指標を見ながら配信を受けていただければ、
きっと数多くの気付きがあることと思います。
そしてその気付きの中から、
自分なりのロジックを仮説・検証していく中で、
あなた自身のロジックが
少しずつできあがってくることと思います。

そしてそのロジックを武器に相場に臨んでいただければ、
トレード技術の向上につながっていくものと
私は考えています。

弊社としては、ぜひこのような能動的な姿勢で
配信を受けていただければ大変うれしく思います。





配信の流れは次のとおりです。

配信の流れについて、詳しくご説明いたします。



月・火・水・木曜日の週4日間、
夜22時の定時エントリー情報
を、
電子メールであなたに配信いたします。
こちらからあなたにメールを送信するタイミングは、
エントリーの約5〜10分前を予定しています。

実際にあなたに配信が届く時間は、
メール配信システムの混雑状況等で多少変わりますが、
99%以上の確率で22時前には届くことと思います。

なお、年末年始の配信はお休みさせていただきます。
ご了承ください。



配信内容は、
「ポンド円」と「米ドル円」の2つの通貨ペアについて
「buy(買いエントリー)」
「sell(売りエントリー)」
「見送り」のいずれかを表記いたします。

また同時に、エントリーする通貨ペアについては、
リミットとストップの値も表記いたします。
(リミットは、なしの場合もございます。)

なお、「通貨ペア」と
「リミット・ストップの値」については、
相場の状況等により、変わることもございます。
ご了承ください。



あなたは、配信されたエントリー情報に従い、
夜22時頃を目安に、成行でエントリーする形になります。

エントリーする時間は、
22時00分 から 22時15分 の間であれば、
年間トータルで見て、成績に大差はございません。



成行エントリーをした後、約定価格を基準にして
OCO決済注文でリミットとストップの注文を入れます。

具体的な例を以下に示します。

 例1)GBPJPY buy (+100)(−100)

 例1)の解説
 通貨ペアは「ポンド円 (GBPJPY)」です。
 22時〜22時15分の間に、
 成行で買いエントリー (buy) をします。
 エントリー後、約定価格(エントリーをした時の価格)
 を基準にして、100pips上にリミット決済注文を、
 100pips下にストップ決済注文を入れる形になります。
 もし仮に、約定価格が1ポンド 170.000円ならば、
 リミット決済注文を 171.000円に、
 ストップ決済注文を 169.000円に入れる形になります。
(ポンド円の場合、小数第2位が
 pipsの1の位になります。)



 例2)USDJPY sell (+50)(−50)

 例2)の解説
 通貨ペアは「米ドル円 (USDJPY)」です。
 22時〜22時15分の間に、
 成行で売りエントリーをします。
 エントリー後、約定価格(エントリーした時の価格)
 を基準にして、
 50pips下にリミット決済注文を、
 50pips上にストップ決済注文を
  入れる形になります。
 もし仮に約定価格が1米ドル 100.000円ならば、
 リミット決済注文は 99.500円に、
 ストップ決済注文は 100.500円に入れます。
(米ドル円の場合、小数第2位が
 pipsの1の位になります。)


なお、「見送り」と表記された場合は、
文字通り「見送り」でエントリーしない形になります。

弊社では、あなたがリミットとストップの価格計算を
間違えないように、エクセルによる
「リミット・ストップ計算表」を用意しております。
約定価格を入れると、自動的にリミットとストップの価格が
わかるようになっております。
下の文字をクリックするとすぐにダウンロードできます。
(エクセル97以降のバージョンで動作確認済みです)

リミット・ストップ計算表のダウンロードはここをクリック


エントリーをした翌日の21時(夜の9時)になっても、
リミット・ストップのいずれにもかからず、
ポジションが残っている場合には、
含み益、含み損に関わらず、速やかに成行で決済します。

以上が「配信の流れ」となります。





料金は消費税込みで、月額 9,800 円 となります。
お申し込みされた月の月末日に、
翌月分の配信料金を引き落としいたします。



お申し込みをされたその月は、
無料で配信を受けることができます。


この無料配信を体験した上で、
その後の配信を希望しないと判断した場合には、
月末日の前日までに「利用解除」をしてください。

例えば、1月10日に申し込みをされた場合は、
1月31日に2月分の配信料金が引き落としになります。
そのため、1月30日までに「利用解除」を
していただければ、料金は一切かかりません。
(下の図を、ご参照ください。)



なお、無料配信期間中にデモ口座を利用して
トレードをしていただければ、
あなたにとっては完全に
リスクフリーで配信を試すことができます。

お気軽にお申し込みください。

なお、弊社がおすすめするデモ口座は
「DMMFXバーチャル」です。
デモ口座「DMMFXバーチャル」の無料開設はこちら

デモ口座を開設した上で、
本配信の実力をぜひとも体感していただければ幸いです。



現在のところ、お客様の人数につきましては、
200名までとさせていただきます。

お客様の人数が200名を超えてしまうと、
メールを配信してからお客様に届くまで
10分以上かかってしまうおそれがあるためです。

そのため、お客様の人数が200名に達した場合には
お申し込みを一時中断させていただきます。
何とぞ、ご了承ください。



利用解除の方法は次のとおりです。
インフォカートの購入者ログインページから
ログインをします。
そして、購読している有料メルマガのリストから、
本配信を選び、
自らの手で「利用解除」をクリックする形になります。

「利用解除」をしないかぎりは、
月末日毎に 9,800 円 が課金されます。



お支払いはクレジット決済
でお願いいたします。
初月無料システムを採用しているため、
クレジット決済のみとなっております。



お申し込みの時に、クレジットカードの情報を入力しますが、
すぐに課金されることはありません。


あくまでも課金は、お申し込みの月の月末日です。
それまでに「利用解除」をすれば一切課金はされません。
安心してお申し込みください。



あなたが本配信サービスを受ける際には、
金融商品取引法という法律に基づき、
弊社とあなたとの間で「投資顧問契約」という
契約を結ばなければなりません。

申し込みページで、あなたが同意するかどうかの
チェック項目が4カ所
あります。
お手数おかけしますが、ご協力のほど、
よろしくお願いいたします。







FX定時配信サービスとは何ですか?

弊社が独自に開発したFXのエントリー情報を、
あなたに、インターネット回線を利用して、
定時に配信するサービスのことです。
このエントリー情報は、あなたに売買を強制したり、
指示するといったものではございません。
あくまでも投資助言としてFXのエントリー情報を
お伝えするサービスです。



FXトレードの初心者でも当サービスを利用できますか?

FX取引口座をお持ちの方で、
「成行エントリー注文」「OCO決済注文」
「逆指値決済注文」「成行決済注文」
のやり方がわかれば大丈夫です。


当サービスにより、必ず利益を上げることはできますか?

投資全般に言えることですが、
相場は不確実性が大きな特徴であるため、
絶対ということは決してありません。
そのため必ず勝てるという保証はありません。
また過去の実績が今後も続くという保証もありません。
しかし本配信のトレード手法は、独自に開発した
エキスパートアドバイザーを用いたバックテストを
詳細に繰り返し、その結果導き出されたロジックを
用いています。
そのため、今後とも利益を積み重ねることができる
可能性が高いと弊社では考えております。
なお、必ずどんな手法・ロジックにおいても
ドローダウンの時期(損失が膨らむ時期)
がございます。
本配信は、そのようなトレードの本質を
十分理解した上で、長い目でトレードに
取り組める方のみ募集したいと思います。

今までにも、他の配信サービスで
月単位の負けが出た時に、
こちらにメールで 誹謗中傷を送ってきて、
退会していったお客様がいらっしゃいました。
先に述べておきますが、
月単位の負けは必ずこれからも出ます。
それに耐えられない方は
申し込みをしないでください。
相場で勝ち組に入るためには、
ドローダウンが続いても、
自分のシステムを 信じて淡々と
トレードできることが絶対条件です。
その点をよくご理解の上、
お申し込みいただければと思います。



本配信は、誰でも申し込むことができますか?

基本的には、どなたでも申し込むことができます。
ただし、FXのリアル口座は、
成人している方しか持てないので、
その点はご注意ください。

そして1つどうしても言いたいことがあります。
それは何かというと
「マイナスのエネルギーを持った方には、
申し込んでほしくない」ということです。
具体的には、誹謗中傷や悪口を
習慣にしているような方です。
またトレードで勝った時には「私はすごいのだ」
と言わんばかりに、えばりちらすのに、
負けた時には、まわりのせいにして「私は悪くない」
というふうに言い訳するような方です。
このようなマイナスのエネルギーを持った方とは、
基本的につながりを持ちたくありませんので、
申し込みをしないでいただきたいと思います。



本配信のロジックについて教えてください。

ロジックの詳細については弊社の極秘事項につき、
非公開とさせていただきます。ご了承ください。



必要な資金はいくらでしょうか?

例えば2通貨ペアのストップの合計が、
1日で最大マイナス150pipsで、
1万通貨単位での取引の場合、
1日の損失は
約1万5千円の損失になります。

私の考えでは、1回のトレードにおける損失は、
口座資金の5%以内に抑えるのが、
長い目で見て良いと考えています。
そのため1万通貨単位でトレードするのであれば、
口座資金は大体30万円位 あればよいと思います。
また、最近では1,000通貨単位でのトレードに
対応したFX業者も増えてきて います。
そのような業者をお使いになるのであれば、
5万円位からでも大丈夫です。



日中働いていますが、大丈夫でしょうか?

本配信のロジックは「日中お勤めしている方でも
無理なくFXトレードを 継続できること」を
最も念頭において作られたロジックです。
具体的には、メールの配信が夜22時少し前、
ポジションが残っているかどうかの確認が
翌日の夜の21時になりますので、
普通のお仕事をしている方であれば
大丈夫だと思います。



決済時間は21時でないとだめでしょうか?

弊社では、21時に決済いたしますが、
あなたのご都合もあるかと思いますので、
決済時間については21時の前後1時間、
すなわち20時〜22時の間であれば
年間トータルで成績に大差はございませんので、
柔軟に設定していただいて構わないと思います。
毎日無理なく、
一定のリズムでトレードできることを
優先させていただければと思います。



リミットとストップの設定は必ずしますか?

はい、必ず設定します。
メールでその値を配信いたします。



FX業者の指定はありますか?

特に指定はございませんが、手数料が無料で、
できるだけスプレッドの狭い業者を推奨いたします。
弊社では、現時点でこれらの条件を満たした
FX業者を紹介しております。
下の文字をクリックしてご確認ください。
弊社がおすすめするFX業者はこちら



スマートフォンや携帯電話でも
配信メールを受信できますか?

はい、できます。
配信メールは簡単な文字情報だけなので、
十分見ることが できます。
また最近では、ほとんどのFX業者が、
スマートフォンや携帯電話からでも
注文を入れることができます。
そのため、メールの確認から、エントリー、
そして決済まで、スマートフォンや携帯電話で
済ませることも十分可能です。



シグナル配信が遅れて届くことはありますか?

本配信の場合、二重のチェック機能を働かせて
配信を行っているので、 遅れることは、
まずないと思います。
ただ配信システムの混雑状況により、
多少遅れることはあるかもしれません。
その場合でも、15分程度のタイムラグであれば、
年間ベースで見て大きな差はございませんので、
余裕を持ってエントリーしていただければ
と思います。

なお、配信は当然のごとく
人間が行っている作業です。
ですから「身内の急な不幸」や
「配信者の急激な体調不良」等により、
事前連絡なしで配信が届かなくなる可能性も
0%ではございません。
その時には、事後に
その旨を連絡させていただきます。
その点につきましては、
ご了承いただければと思います。



レバレッジ25倍規制には対応していますか?

本配信の場合、1万通貨単位で
トレードするのであれば、
30万円程度の口座資金を推奨しております。
この資金管理法を用いれば、
レバレッジ25倍規制には
十分対応できるものと考えております。
なお、1,000通貨単位でのトレードに
対応しているFX業者であれば、
5万円以下の口座資金でも、
レバレッジ25倍規制に対応可能です。



クレジット決済ではなく、
銀行振り込みにしたいのですが、できますか?

本配信は初月無料システムを採用しているため、
インフォカートの決まり事で
クレジット決済にしか対応しておりません。
申し訳ありませんが、
どうぞよろしくお願いいたします。



利用解除のやり方がよくわかりません。

利用解除の方法は次のとおりです。
インフォカートの購入者ログインページから
ログインをします。
そして、購読している有料メルマガのリストから、
本配信を選び、自らの手で「利用解除」を
クリックする形になります。
弊社では、お客様の「購入者ログイン画面」に
入ることができないため、
こちらでは「利用解除」を行うことができません。
お手数をおかけしますが、
どうぞよろしくお願いいたします。


配信者の方はどのような思いで
日々の配信を行っているのですか?

一言で申し上げるなら
「お客様のFXトレードの
実力アップのお手伝いをしたい」
という思いで日々配信させていただいております。
具体的には
「優位性のある一定のロジックに従って、
日々トレードを継続していけば、
自然に利益を積み上げることができる」
という感覚を体感していただくことを
最大の目的としています。
FXトレードにおいては、
勝ち組が1割、負け組が9割と言われています。
私が思うに、勝ち組の方と負け組の方との違いは
次のような感じだと思います。
======================
●勝ち組の方
詳細なバックテストを繰り返すことで
優位性のあるロジックを見つけ、
そのロジックに従って
長期間トレードを行うことができる。
また損失(ドローダウン)が膨らんだ場合でも、
自らのロジックを信頼して、日々淡々と、
感情を入れずに相場に向かうことができる。

●負け組の方
あるロジックに従ってトレードするものの、
ドローダウンの時期が訪れると、
そのロジックを捨てて、
すぐに違うロジックに切り替える。
そしてそれを繰り返すために、
自分の手法が確立せずに、
相場を定点観測できないまま
長い時間を過ごしてしまう。
=======================

基本的に、相場の動きはランダムウォークであり、
不確実性が大きな特徴であると
弊社では考えております。
この不確実な相場に対して、トレードする側が、
一定のロジックに従わない不確実な手法で臨んだ場合、
「不確実 × 不確実」で、非常に混沌とした結果しか
フィードバックされなくなってしまいます。
そのため、相場の実態が
ずっとブラックボックスの中に
ある状態になってしまうと思うのです。

これは弊社の考えですが、
不確実な相場に対しては、
勝っても負けても一定のロジックに従って
トレードを継続する、
すなわち「相場を定点観測する」ことで初めて、
ぼんやりと相場の実態が見えてくると思うのです。

お客様におかれましては、
本配信を半年から1年程度
継続していただくことで、
一定のロジックに従ったトレードを
体感していただきたいと思います。
そして半年から1年程度、
相場を定点観測し続けると、
自分なりのロジックというものが
少しずつできてくると思います。
その時には本配信をやめていただいて、
お客様自身の作ったロジックで
トレードできるようになって
いただきたいと思います。

まとめになりますが
「本配信を通じて、お客様には将来的に
自立したトレーダーになっていただきたい」
というのが、弊社の最大の思いでございます。


その他、ご質問や気になる点がございましたら、
「お問い合わせ」をクリックして、
メールで気軽にご質問いただければと思います。




あなたの貴重な時間を割いて、
本サイトを最後までご覧いただき、
誠にありがとうございました。
心より御礼申し上げます。

合同会社あゆみインベストメント事務局より。

 
 【投資に係るリスクおよび手数料について】
 当商品を参考にした金融商品等への投資は
 リスクを理解の上、自己責任でお願いいたします。
 FXは価格変動リスクを伴い、
 また証拠金を上回る取引を
 行うことが ありますので、
 場合によっては投資額を上回る損失を
 被る可能性があります。
 FXには取引業者の売買手数料がかかります。


投資助言・代理業 北海道財務局長(金商)第40号